ヘイヘイユーユー

kanabow:

(via 腹が減って、頭が回らん S… - マーク・ザッカーバーグからの手紙 - はてなセリフ)

あれ、この訳であっているような気がしてきた…。

だからみなさん、疑っても結構ですから、

まず今すぐ椅子から立って、ハーフスクワットで大腿筋を追い込んでください。

ほとんどの内面的な問題、一部の社会制度上の障害すら、

筋肉が解決してくれます。

 現在、世界最大の蔵書を誇るアメリカ合衆国の議会図書館も、19世紀はじめに開設した当時には、たった1000冊の書物しか所蔵していなかった。1810年に大英博物館が蔵していたのもわずか2000冊だった。
 この時代の司書なら、自分の図書館の本をすべて読んでいたかもしれない。
 
 では、この古き良き時代に属するだろう、最後の一人について話そう。
 
 ほとんど伝説の域にあるエピソードを信じるならば、彼は大英博物館が蔵するすべての書物を知っていた。
 そればかりか、どのページに何が載っているのかに至るまでも熟知していた。
 歴代の教皇やダービー馬の名前はもちろんのこと、何年も前に地方のマイナー雑誌に載った論文や、珍種のキノコの学名も、自分の記憶だけを頼りに、出典のページ数つきで答えることができた。
 
 そればかりか、当時の司書に欠けることが多かった資質をも持ち合わせていた。
 つまり、彼は親切だった。
 しかも詩文をよくする粋人でもあった。
 
 あらゆる資料要求に応えようとする奉仕者の魂と、それを可能とする驚愕の知識量。
 
 
 この時代、大英博物館の円形閲覧室を利用した人たちが、彼への賛辞を書き残している。
 そのうちの一人、30年間以上の間、あの円形閲覧室のヘビーユーザーだったカール・マルクスは、かの司書に自分の家族の写真を贈っている。打ち解けない性格のマルクスとしては、これで最大限の謝意の表したつもりだった。
 
 友人を頼って資料を探すためにロンドンにやってきたステファヌ・マラルメは、当の友人が借金を逃れて旅立った後ですれ違いとなって途方に暮れていたところ、円形閲覧室で助けられた次第を、かの司書の名をあげて書き残している。この時の大英博物館の閲覧記録にマラルメの名は無く、おそらくは司書が計らいで必要な資料を見ることができた。
 
 イギリス聖公会の主教(ビジョップ)となった歴史家マンデル・クライトンは、彼をこう呼んだ。
 the ideal librarian、理想の司書と。
間違っているのは解っているが、どうしてもニンジャを撮りたい

arpeggia:

Details of the Sistine Madonna by Raphael, photographed by Katharina Gaenssler, 2012 (book)

 本谷有紀子の「密室彼女」には、自分が慕っている人を奪われたと思い逆上したホモの男が、主人公の女に、「あんた、《ねこかわいい》って書いただけで???万回アクセスされたりするブログとか書いているんでしょ」といって詰め寄る場面があった。細かい表現は失念。ダヴィンチのメガネ女子にしっかり顔写真で載っていた本谷有希子だけれど、いや、だからこそ、こういうセリフを書いちゃうんだとすごくおかしかった。そして、私の中のかわいいブログへの嫉妬をずばり言い当てられたような気がした。私は、どうがんばっても、どう言葉を削っても、「匂い立つかわいさ」が文面から表れることはない。哀愁とか、かっこよさとかも無理。かなしいな。。。
More Information